アラサーバツイチ女子によるお悩み相談室|結婚・離婚・再婚・妊活

アラサーバツイチの著者が経験した結婚・離婚・婚活・再婚・妊活について、リアルな体験談や個人の意見を中心に発信する雑記ブログです。

「アラサーバツイチ女子によるお悩み相談室」サイトを開設しました。著者とこのブログについて。

 

f:id:milife-hack:20171119141444j:plain

同窓会@渋谷

 

当サイトをご覧いただきありがとうございます。

数あるwebサイトの中から、当ブログを見つけていただきありがとうございます。著者のゆきと申します。

サイトを見つけたきっかけはGoogleやYahooの検索エンジンなどからでしょうか?それともどこかのサイトのリンクから?

このサイトのテーマは「アラサー女子の悩み」なので、もしかするとサイトをご覧になっているあなたは、今現在、悩みを抱えているのかもしれませんね。

 

人生悩みばかりの著者の半生。

私のことを少しだけお話しします。

過去を振り返ると、ひとより悩みや波乱万丈な出来事が多くあったといっても言い過ぎでは無いかもしれません。それらは今冷静になって考えると、幼少期の頃の影響が色濃いように思いました。自分自身が子供の頃にはあまり自覚が無かったのですが、我が家はいわゆる機能不全家族だったんです。

 

機能不全家族とは】

 家庭内に対立や不法行為、身体的虐待、性的虐待心理的虐待、ネグレクト等が恒常的に存在する家庭を指す。(機能不全家族 - Wikipedia

 

アダルトチルドレン」傷付いたちっぽけな子供だった。

ヒステリックな両親による体罰、厳しすぎるしつけ。酔っ払うと手が出る父親にいつも怯えてしていました。父親は外見にコンプレックスがあるのか「お前は誰に似てそんなにブスなんだ」といつも私を罵っていました。言うことを聞かないと言って顔をグーで殴られたり、髪を掴んで振り回したり・・・そんなことは日常的にありました。

「自分は生きている価値は無い」「ブスで恥ずかしいからこの世からいなくなりたい」自分自身のことをそのように思っていました。自尊心の低さから自分を愛せない人間になっていったんです。当時は特に、自分のことがとにかく嫌いで、写真に映ったり鏡を見ると吐き気がしました。(写真は今でも苦手です。)

そんな人間が、他人を愛せるわけはありませんよね。

私には「早く親から離れて暮らしたい。」という思いがずっとありました。だから初めて付き合った彼氏と23歳で結婚したんです。でも、結婚生活は上手くいかず・・・。

結局自分で選んだ旦那さんは、父親に性格がよく似た人だったんです。よく彼氏や旦那さんに選ぶ人は、親に似ていると言いますよね。私は親とは全く違うタイプの人を選んだつもりだったのに、蓋を開けてみると、キレやすかったり、私を罵るようになっていった彼。そして結婚してから3年経たずに、耐えられなくなって離婚しました。27歳の時です。 

若くてキラキラしていて人生で一番楽しいと言われる20代。

周りの友達は大学で勉強や青春を謳歌しているなかで、私は非常に厳しい人生を歩んでいました。

 

辛い時にはネットでいろいろな人の体験談を励みに乗り越えた。

自分のことを話すのは苦手だし、女子会的な集団に属することや、友人との恋バナなどを話すことも得意ではありませんでした。学生時代の数少ない友人に、離婚の件を打ち明けられたのも離婚してから1年後くらいです。

私は辛い時にどうやって乗り越えたかというと、ネットで体験談などを調べてそれを読んでは励みにしていました。

 

自分の経験も同じように悩みを持つ人の励みになればと思い、ブログを開設しました。

いろいろと波乱万丈となった過去でしたが、自分の考えや意識を変えることで行動が変わり、現在では穏やかで幸せな日々を過ごしています。

離婚から3年経って再婚もしました。相手は5歳上のバツイチさんです。穏やかで優しくて仕事もでき、家事も手伝ってくれます。私には勿体無いくらい素晴らしい人です。

 

過去に辛い経験をした人は、その分幸せを感じられる。

過去の思い出に蓋をしてしまえば、もう思い出すことも無いし、寂しい気持ちになることも無いかもしれない。

でも過去の辛い経験があったからこそ、今の何気ない日々に幸せを感じられると思うんです。例えば「旦那さんが当たり前のように仕事が終わると家に帰ってきてくれること」や「旦那さんがご飯を沢山食べてくれて、美味しかったと褒めてくれること」など、これらは普通の家庭では当たり前のことかもしれないけれど、過去の夫婦生活では求めても手に入らなかったものだし、諦めていたものであります。

 

人は欲深く、当たり前にあるものには感謝をしなくなってしまいますよね。そしてさらに上を求めてしまう。だからこそ、辛い体験をした人は時々当時を振り返ることで、日々の幸せをより強く実感できるんです。

 

そう思うと、辛いのも悪く無いかなって、少し思えてきませんか?

 

今辛い状態の人は、これからの幸せへの準備期間です。絶対に。

人生80年と言われる現代です。今まで悪いこと・良いことがずーっと続いてきた訳では無いですよね。良い時も悪い時も一時的だしそれぞれ違うタイミングでやってはずです。だから、今本っ当に辛い厳しい状況が続いていたとしても、きっと良くなる日が来るんです。これは確実です。来たる幸せのために、準備をしつつ、種を巻きつつ自分自身を諦めずに生きていきましょう。

 

 

このブログが、辛く傷付いている人たちに少しでも役立つことを願っています。

 

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。