アラサーバツイチ女子によるお悩み相談室|結婚・離婚・再婚・妊活

アラサーバツイチの著者が経験した結婚・離婚・婚活・再婚・妊活について、リアルな体験談や個人の意見を中心に発信する雑記ブログです。

離婚体験談9|新居への引っ越し*一人暮らしスタート

f:id:milife-hack:20171127071533j:plain

 

 

結婚して2年半で離婚をし、ふたりで暮らした家を出て新居に引っ越しをした。

 

急いで出て来たので、物が少なくて部屋はガランとしている。

 

当時、部屋には布団すらなかったので、暫くは引っ越し用のダンボールに挟まって寝たのを覚えている。。。

 

これから一人で暮らして行くために色々揃えなくちゃ。

でも、そう頭では思っても体がうまく動いてくれない。

 

うー、、、目も腫れているし、家から出たくない。。。。。。。

 

何だろう、この、心にぽっかり穴が空いた感じ。

何もやる気しない。

 

 

無気力になり、ご飯を食べることすら面倒くさかった。

 

 

暫く接客のお仕事も休職させてもらうことにした。

 

 

でも・・・いくら休んでも悲しみは減るどころか日に日に大きくなっている気がする。。。

 

シーンと静まり返った部屋でひとり、これからの自分の人生について考えていた。

 

 

* * *

 

 

この部屋に越してから、ずっと引きこもっていた。

 

それでもお腹が減って限界になったら、歩いて3分のデイリーヤマザキには出かけた。

上下スウェットにマスクをして、すっぴんのままで。

 

本を読んだりネットサーフィンしながら、ぼーっと過ごしていただけで、あっという間に2週間以上過ぎてしまった。

 

昼と夜が逆転した不規則な生活でだらしのない自分。

あぁ、離婚もしちゃうし、何にもできないダメ人間だなぁ・・・と思った。

自己嫌悪に陥っていた。

 

どうにかこの生活を抜け出したいと思い、今まで興味があったけどできなかったことをしてみようと思った。

 

 

 

検討した結果、海外へひとり旅に出かけることにした。

 

行き先はすぐに決まった。

大好きなヨーロッパ。

2週間でフランス・イタリアの各地を巡ることにした。

 

今まで国内のひとり旅は何度か出かけたことがあるけれど、海外は初めてなのでホテルと航空券だけは予約して、移動方法などは現地で調べることにした。

 

お金に余裕はないので、格安航空券を探した。

 

ついこの前破産した「てるみクラブ」と「旅工房」で迷ったあげく、後者に決めた。

 

気持ちに区切りをつけるために、新婚旅行で泊まったパリのホテルなんかも覗いてみようと思った。

 

 

 

* * *

 

 

「ひとり旅」は大正解だった。

 

旅行の間は彼のことや辛い日常を忘れ去ることができた。

 

主にイタリアのベネツィアモン・サン・ミシェル、パリを巡った。

 

いろいろな出会いもあった。

 

空港で出会った空手好きのフランス人の男性。

飛行機に慣れていない私に、片言の日本語で乗り継ぎの便を教えてくれた。

 

日本からワーキングホリデーでドイツに来ていて、そこからバックパッカーでパリに遊びに来ていた日本人女性。

一緒にパリを観光させてもらった。英語が流暢に話せて人生経験が豊富なカッコイイ女性で、私の離婚のことも相談に乗ってくれた。

 

パリのカフェで偶然隣の席になったフランス人男性。

外務省で働いていて、何と日本語を勉強中だという。日本語で話掛けられた。

しかも私と同じくバツイチで、最近離婚してしまったことを話すと、何と一輪のバラをプレゼントしてくれた。

 

 

この旅では、その他にも素晴らしい出会いがたくさんあったことに、ただただ感謝でいっぱい。 

 

 本当に行って良かったと思う。

 

 

そして無事に日本に帰って来た。

 

生活リズムを元に戻すように努力した。(でも、時差ボケがとにかくひどかった。)

 

堕落した生活で5キロくらい太ったので、ダイエットも開始した。

美容やケアも手抜きだったので、新しく服や化粧品を買い込んだ。

 

ベタだけど、髪型もイメチェンして黒髪にしてみた。

 

少しずつ仕事も再開し始めて、徐々に元に戻りつつあったのだが、働く時間が不規則な接客業は辞めることにした。

 

事務職への転職活動も頑張った。

 

 

 

 

少しずつ前を向きつつあった。

 

と思ったのだが、

 

愚かな私は、大失態を犯すことになる・・・・・。

 

 

続く