アラサーバツイチ女子によるお悩み相談室|結婚・離婚・再婚・妊活

アラサーバツイチの著者が経験した結婚・離婚・婚活・再婚・妊活について、リアルな体験談や個人の意見を中心に発信する雑記ブログです。

婚活体験談1|ネット婚活をはじめてみる。Yahooお見合い体験レポート。

f:id:milife-hack:20171203092041j:plain

 

 

バツイチアラサーの女相手にされないだろうなぁ・・・と思いながらも将来に向けて婚活を始めることにした。

まだ婚活パーティとか、飲み会とか、そういった華やかな場?に出ることは精神的にも厳しかったので、一先ずネットのお見合いサイトに登録してみることにした。

 

 

Yahooお見合いに登録する。

まず始めに登録をしたのが「Yahooお見合い」。

こちらは実際に相手と直接やりとりが発生するまでは費用が掛かからないので、「とりあえず登録してみるか〜」といったお試し段階の私にはぴったりでした。

また身分証の提出があるので安心なことと、テーマが「お見合い」なので、遊びのお付き合いが希望の人は少ないだろうと考えました。

 

ちなみに「Yahooお見合い」は2017年3月末でサービスを終了し、現在はYahooパートナーに統合されたようです。

 

partner.yahoo.co.jp

 

プロフィールや自分の画像を登録して、お相手の検索をした。

20代〜70代まで幅広い人が登録していて、年齢が上がるほどにバツイチの人も多くいた。

 

こんなにバツイチの人ってたくさんいるんだなぁと少しホッとしたのを覚えている。

 

バツイチの人に絞って探してみることにした。

条件は以下の内容で設定した。

 

【条件】

バツイチ

・趣味や価値観に共感できる

・年収500以上

・年齢+15歳まで。(本当は−5歳くらいまで年下もありなのだが、年下のバツイチの人はほぼいなかった)

・関東地方限定

・子供なし

 

上位3つについては必須だった。それ以外はあくまで希望だ。

該当する人は数十人といるようだった。

 

こういったお見合いサイトでは、多数の人から出会う人を選べることが良いと思った。

普通に生活をしていたら、こんなに多数の男性と出会うこともないだろう。

また、好きなものや嫌いなもの、人生に対する考え方など、プロフィールページで確認することができるので、あらかじめ相手のざっくりとした考え方を理解することができるのがメリットだった。

 

 

* * *

 

yahooお見合いに登録してから1週間後、

時間があったのでまたお相手の検索をしてみようとサイトをみて見ることにした。

 

ページを開くと、、、、驚くことに50件近くのメッセージが届いていたのである!!

 

???

 

20代後半から60代までの幅広い人から連絡が来ていた。

 

どういうこと??

 

何が何だかわからなかった。。。

 

 

 

20代バツイチ女性は圧倒的に数が少ない。

ネットで調べると、私と同様にやはりバツイチはバツイチの人を求めるようだ。

しかしその中でも20代女性の数は圧倒的に少ない。(バツイチは30代が本当に多い)

しかし多くの男性は少しでも若い人を求めるようで、だから私でも20代というだけで需要が多くあるようだった。

 

しかし一つ一つメッセージを読んでみると、メッセージの内容が私にあまり関係ない内容だったり、コピペで使えるような抽象的な内容だったりして、なんだか大勢に一斉メールを送っているように感じる人が多かった。。。

また私の検索条件と合わない人からのメールばかりだったので、返信する気になれなかった。

 

2、3人、気になった人はいたのだが、それ以外はそのまま保留にしておくことにした。

 

メッセージを読むのを諦めて、自分で検索して探すことにした。

 

 

私は現在27才。

 

バツイチになってしまい、もう誰にも相手にされないであろうと思っていたけれど、バツイチ市場では20代というだけでまだ需要はあるということが分かった。

 

行動するなら、実は今がチャンスかもしれない。

 

 

続く