アラサーバツイチ女子によるお悩み相談室|結婚・離婚・再婚・妊活

アラサーバツイチの著者が経験した結婚・離婚・婚活・再婚・妊活について、リアルな体験談や個人の意見を中心に発信する雑記ブログです。

婚活体験談2|Yahooお見合いレポ。自己顕示欲が強いオレ様男と出会う。

f:id:milife-hack:20171216121917j:plain

 

 

50件近く送られて来たメッセージをざっと確認して、3名ほど気になる相手が見つかった。

ひとまず試しに連絡をとってみることにした。

 

 

婚活サイトでのはじめてのやりとり。

一人目はAさん(仮名)

年齢は10歳くらい上で30代後半だったと思う。

バツイチ。

 

結構バリバリと仕事をしているのか、海外への転勤もあるかもしれないと記載があった。

年収は800万円くらい。

 

将来子供が欲しいと思っていることや、読書などの趣味も合いそうだった。

 

一先ず連絡をくれたことへのお礼のメールを送ってみた。

 

Aさんには、やりとりをはじめてすぐに会ってみたいと言われた。

 

ネットでの出会いは初めてで、少し不安な気持ちもあった。

なので「ランチなら」という条件で一先ず会ってみることにした。

 

Aさんが近くの駅まで来てくれることになった。

指定されたイタリアンレストランの前でAさんを待った。

 

 

* * *

 

 

暫くしてAさんが待ち合わせ場所に来た。

わざわざ家の近くまで来ていただきありがとうございます。と挨拶する。

 

ネットに掲載している写真と、実際の印象は違った。

 

昔から柔道をしていると聞いていたけれど、思ったより肩幅がガッチリとしていてマッチョだった。(首と輪郭の幅が同じくらいの太さで、いかにも体育会系な感じ)

 

うーんタイプかと言われれば、ちょっと違うかなぁ・・・笑

 でも、話してみたら良い人かもしれないし・・・!

 

一先ずお店に入って、色々と話をしてみることにした。

 

お互いにパスタを注文。

 

はじめてネット経由で実際に会ってみたけれど、第一印象はいたって普通の人のようだったので良かった。。

少しホッとした。

 

お互いの趣味や仕事の話、Aさんが小さい頃から続けている柔道の話などざっくばらんに話した。

 

でも・・・・

 

なんだかだんだん気分が悪くなって来た。

 

ん?なんか、Aさんと話すとモヤモヤするな・・・

なんでだろ・・・

 

若干30分ほどでランチは終了。

お互いの食事代を払い、そのまま何事もなかったかのように帰路へ着く。 

 

Aさんを駅まで送り、今日のお礼を伝えて彼はそのまま電車で帰って行きました。

 

その後Aさんとは一切連絡しなかった。

 

おしまい。笑

 

 

* * *

 

 

会ってみると、彼はとても容姿を気にするタイプなようで、やたら容姿のことを評価してくる。

 

Aさんから見た私の第一印象は、特にタイプでなかったらしい。

 

私が笑った時、「あ、君、笑った顔は可愛いんだね。」

 

・・・え、それって笑ってなかったら可愛くないってこと?!

 

ちょっと角が立つ言い方だなぁ・・・

 

 

それから仕事の自慢がやたら多かった。

 

バリバリ仕事をこなすタイプのようで、自分の仕事に誇りを持っているのは分かるんだけれど。。。。

 

俺は英語TOEICが何点だとか、仕事や旅行で何カ国に行ったとか、、、そんな自分の自慢話ばかりで。

 

おまけに私が分からない話だと、「あ、わかんない?ふーん。」(Aさんは無意識かもしれないが、そんなことも知らないの〜?というニュアンスのリアクションが含まれていた・・)と小馬鹿にされているような気がした。

その場では「へー凄いですねー!!」とか言っておいたりしたけれど・・・。言わなきゃ良かったな。

 

初対面で上から目線で、お付き合いしたら絶対に俺様化するタイプだと悟った。

 

一応離婚理由も聞いてみたけれど、ある日奥さんが出ていってしまったそうで、「なぜ出ていったのか、理由が分からないんだよねー」と言っていた。

 

・・・

 

うん。

多分オレオレな彼に疲れて出て言ったんじゃないのかな・・・なんとなくイメージが湧いた。

 

彼はきっと仕事ができるから収入も良くて、豊かな生活ができるかもしれないけれど・・・・結構きついだろうなぁ。。。

 

かなりお節介ながら、そんなことを考えていた。

 

 

 

 

婚活第1回目は、まぁそんなこんなで終了した。

 

まぁ、はじめからそんな上手く行くはずないよね。。。

一つ賢くなったと思って、次行、次!!

 

自分をそう励まして、次に進むことにした。

 

続く