アラサーバツイチ女子によるお悩み相談室|結婚・離婚・再婚・妊活

アラサーバツイチの著者が経験した結婚・離婚・婚活・再婚・妊活について、リアルな体験談や個人の意見を中心に発信する雑記ブログです。

婚活体験談4|Yahooお見合いレポ。優しくてイイ人なんだけれど・・・性欲がほとんど無い。

 

f:id:milife-hack:20171217130353j:plain

 

 

Yahooお見合いではもう一人実際に会った人がいる。

 

それは40代前半のKさんだ。

 

Kさんとは一番長い期間メールでやり取りをし、3、4回デートをしたのだけれど、

結局お付き合いには至らなかった。

 

 

* * *

 

 

Yahooお見合いを使って色々な人とやり取りをしていたけれど、あまり収穫はないし、なんかちょっと疲れちゃったなぁ・・・と思っていた時にKさんからメッセージが来た。

 

私のプロフィールを見て、趣味や価値観が合うと感じて連絡をくれたらしい。

確かに彼のプロフィールを見ると、趣味の旅行やカフェが好きな点、子供好きなところなど、共通点が多くあった。また彼はバツイチだ。

 

一先ず連絡してみることにした。

彼からのメッセージに返信をし、メールアドレスを交換して、メールのやりとりが始まった。

 

1、2ヶ月ほどメールでやりとりをして、Kさんと実際に会うことになった。

 

待ち合わせをしたのは、彼の職場の最寄り駅近くの居酒屋。

個室で二人で飲むことに。

 

「はじめまして。」

相手も人見知りだったようで、最初は会話がぎこちない。

 

Kさんの第一印象は「優しいお父さん」だった。

カッコイイタイプではなかったが、とにかく優しい。

どちらかというと女性の尻に敷かれるタイプかもしれないなぁ・・・。

 

初めて会った日は、たわいもない会話をして終了した。

 

また飲みに行きましょうね!と約束してKさんと駅でお別れする。

 

 

それからもメールのやりとりは続き、2週間後にまた会う約束もした。

 

次は週末にスカイツリーの周辺を二人でデートすることにした。

 

 

 

 

 

 

当日、錦糸町駅で待ち合わせをした。

改札前で彼を待つ。5分10分と経つが、なかなか来ないなぁ。。。

 

ケータイでメールを入れてみた。

すると、もう着いているとのこと。

 

周りをキョロキョロ・・・

 

あっ、Kさん!

 

 

 

・・・!

 

 

  

 

服装の好みが個性的なKさん

 

Kさんの私服にびっくりしてしまった。

 

Kさんは全身黒づくめだった。

 

真っ黒な髪(毛量が多く、毛質が真っ黒で毛根強そうな感じ)に真っ黒なコート、パンツも真っ黒だし靴も黒・・・・

 

おまけにカバンも黒。

 

 

スカイツリーまで歩く道で、ファッションに対する考え方を聞いて見た。

彼は今の服装にこだわりを持っているらしい。

 

これって、一見するとビジュアル系の人のように見えるけど・・・・ 

彼に聞いてみると、ちょっとビジュアルの趣味もあるとか。

 

うーん、、、

そこまでおしゃれな人を求めているわけではないけれど、私はビジュアル系の趣味は無いからなぁ・・・

せめて白いシャツとか普通の服だったらなぁ。

・・・なんて考えながら歩いていた。

 

 

その後、ソラ街をぶらぶらしてから浅草の方まで散歩した。

お昼にはラーメンを食べたり、浅草寺でおみくじを引いたりして、その日は夕方に解散。

 

錦糸町駅に戻り、バイバイをしました。

 

 

価値観が全て合う人なんていない。

 

服装の趣味のことは少し引っかかったけれど、それを除くと彼は私には勿体無いくらいの人だと思った。

 

優しいし親切。自分よりまず女性を優先してくれるような男性。

おまけに仕事も出来る。

 

元旦那さんもお付き合い当時はジェントルマンで親切だったのだが、Kさんは全く無理せず当たり前のようにそれをやってくれる。

 

女性に対してとにかく優しくて、尻に敷かれるのが好きな優しい男性っているよね。

Kさんはそんな感じ。

 

そんな優しい彼と「離婚」はイメージが結びつかないかもしれない。

 

デートの時に離婚理由も聞いてみた。

元奥さんはヒステリックな女性で、彼の穏やか(彼女にとっては無神経に感じた)さに対してイライラし、Kさんに対して暴言や暴力を繰り返していたそう。

 

そして無神経な彼に耐えられなくなった彼女は、家を出ていったとか。

 

言われてなんとな〜く想像がついた。

Kさんは優しいから、元奥さんの尻に敷かれても耐えていたのだろうな。。。

 

 

彼と一緒になった人は多分幸せなんだろうなぁと思った。

 

価値観が全て合う人なんてこの世にいないし・・・。

 

 

もう少し、一緒に時間を過ごしてみようかなと思った。

 

 

 

 

次第に深い話をするように。

 

次にKさんと会った時は、前回会ってから数週間が経過していた。

 

金曜日の夜だったかな、最寄駅までKさんが来てくれて、偶然通りかかったオープンしたばかりという居酒屋に入ってみた。

 

個室に二人で並んで腰を掛ける。

お店は2階にあり、個室から眺める商店街の夜景が綺麗だった。

 

今回のKさんはいつもと違った。

Kさんは正式に結婚を前提で付き合って欲しいと、申し込んでくれたのだ。

 

私は正直に悩んでいることを伝えた。

 

Kさんが優しくて素晴らしい男性ということは、デートを重ねる中で分かって来た。

彼と結婚したら幸せになるに違いない。

 

・・・でも、気づいてしまっていた。

 

彼のことはタイプで無かったのだ。

 

離婚を経験し、恋愛の要素(好きな気持ちやときめきなど)は結婚には不要ということが理解できた。

しかし全くタイプではない相手に対し、どうやってお付き合いの関係になって良いのかがわからない。キスやHすることが想像ができない。

 

前に恋をしてから4年ほど経っていたので、恋の始め方を忘れてしまったのかな・・・

 

自分が分からなかった。

 

お酒の力も借りて、今後どう言った結婚生活を歩みたいのか、子供は何人欲しいのかなど、深い話もしたのだが、性生活の話を聞いて、無理だなと思ってしまった・・・。

 

 

 

ほとんど性欲がない。

 

お酒も回って来たのか、突然、隣に座る彼に彼に手を繋がれた・・・。

びっくりした。。。

 

そこで夫婦の性生活の話になる。

実は、彼はもうあまり性欲が無いのだという。

 

ずっと手を握ったり、抱きしめたり、それでだけで心が十分満たされるから、あまり奥さんに行為を求めていないから大丈夫だよ。というのだ。

 

え、え?大丈夫って・・・?

子供とかどうするの???

 

私も性欲が強い方では無いので、重要視してはいなかったのだけれど、、

やはり全く無いのは女性として悲しい。

時々は旦那さんに求められたいし、だいいち子供作れないじゃん・・・

 

ちょっとこの発言に引いてしまった自分がいた。。。

 

 

お付き合いについては、少し考えさせてくださいと言って、その日は帰った。

 

 

* * *

 

 

彼は人としても旦那さんとしても、とても素晴らしい人だと思うのだが、私には妥協ができなかった。

 

多分、、、彼ともっと合う人がいる。

私である必要性が無いように感じた。

 

そして 、お付き合いはできないと返事をした。

彼には今までの感謝を告げ、お別れすることになった。

 

最後に会った日から、彼とは一切の連絡を辞めることにした。

 

 

 

前に進もう。

 

 

 

続く。